×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

USBメモリ

バックアップ

パソコンは消耗品ですから、いつ壊れてもおかしくありません。変な音がしたり、ファンの音が大きくなるというような前兆がある場合もありますが、前日まで全く異常がなかったのにある日突然起動しなくなるというアクシデントに会うこともあるようです。そこでデータのバックアップが必要です。頭では分かっていたのですが、パソコンに疎い私は今まで何もしてきませんでした。幸いトラブルに会うこともなく、無事に過ごしてきたのですが、これではいけないと思い、遊びがてらに近所の電化店に行ってきました。実は安売りの案内が来ていて、USBメモリが1000円だと分かっていたからです。

閉店前の在庫整理ということで、2GBのフラッシュメモリが1000円でした。これは本当に安いです。小さなアクセサリーですが、私にとっては十分な容量です。フォーマットやその他の準備は不要で、ただパソコンに挿すだけで使えます。マイドキュメントのフォルダをドラックするだけで、あっという間にコピーできました。こんなに簡単だったら、もっと早く買っておけば良かったと思いました。他にもバックアップ媒体はMO、CD-W、外付けハードディスクなど色々ありますが、一番簡単で手間要らずという意味ではUSBメモリがお勧めです。

コンビニで印刷

USBメモリに記録したPDF文書をコンビニで印刷できるようになりました。最近のコンビニにはマルチコピー機という高性能なものが置いてあります。そこにUSBを差し込んでデータを読み込み、その場ですぐプリントすることができます。値段も白黒ならA4、A3サイズが1枚10円と普通のコピーと同じです。私はまだ使ったことがありませんが、機会があれば挑戦してみようと思います。

Copyright © 2008-2010 医薬翻訳の扉 All Rights Reserved.