×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医学翻訳と略語

業界用語

わたしは略語が苦手です。仲間内では通じているのでしょうが、部外者には何だかさっぱり分かりません。たとえばICといえば何でしょうか。普通に考えると集積回路だと思うのですが、医学では免疫複合体、内頸動脈、免疫細胞化学、感染管理、入所ケア、集中治療など色々な可能性が考えられます。英文で初めて略語を使うときは略さずにフルスペルを書いて、その後ろにカッコ書きで略語を記載するのが決まりだそうですが、和文ではいきなり略語が出てきて面食らうことが多々あります。最近はエコロジーブームなので、何でも節約が主流なのでしょうか。環境には優しくても人に厳しい文章は困りますね。そういえば先日、ヤフーのホームページでTDLという略語が目にとまり、何のことか暫く理解できませんでした。東京ディズニーランドだそうです。そんなことも知らないようでは、むしろ田舎者と笑われてしまうかもしれませんが。新聞の見出しのようにスペースが限られている場合は仕方がありませんが、オフィシャルな文書では略さず誰でも分かるように記載してほしいと思います。以下に、治験においてよく使われる用語をクイズにしてみました。フルスペルを見ても意味が分からないときは、辞書で調べてみましょう。翻訳では別に単語の意味を覚えておく必要はありませんが、見るたびに頭がフリーズしていると効率が上がりません。

お散歩英語 English Walk
Copyright © 2008-2010 医薬翻訳の扉 All Rights Reserved.